トップ > 保育士 > 保育を学ぶ > 保育の友(2022年12月号)

保育の友(2022年12月号)

(全国社会福祉協議会)
B5判/76ページ/2022.11発行


★中身は保育インスタグラムにて掲載中! 『トロル保育』で検索!
@troll.hoiku https://www.instagram.com/troll.hoiku/

東村山のお店インスタグラムも!お店で保育書ご覧いただけます!
絵本やおもちゃ情報、更新中!@troll.tuktuk https://www.instagram.com/troll.tuktuk/
■内容■
今後のこども政策のあり方や、改正児童福祉法の意義、子育て支援事業・相談事業を保育所等が行う意義などについて、厚生労働省子ども家庭局長の藤原朋子氏に、本誌編集委員長がインタビューしました。

さらに、改正児童福祉法等の具体的内容や、保育所等に期待されることをQ&Aで紹介すると共に、多角的に子育て支援等に取り組んでいる園の事例をご紹介します。
 
■目次■

インタビュー 少子化時代における子どもの施策の方向性と保育所等のあり方
     藤原 朋子 厚生労働省子ども家庭局長・内閣官房こども家庭庁設立準備室次長
     <聞き手>大方 美香 大阪総合保育大学大学院教授・『保育の友』編集委員長 

Q&A  もっと詳しく!〜改正児童福祉法・こども基本法・こども家庭庁〜
      山縣 文治   関西大学 教授
      秋田 喜代美  学習院大学 教授

事例1 ニーズを把握して、必要な子育て支援を
      湯瀬 高央  青森県・美郷こども園 副園長

事例2 子どもたちの最善の利益をめざしたトータルケア
      藤本 保  大分県・社会福祉法人 藤本愛育会 理事長

事例3 地域に根ざした園をめざして〜コミュニティコーディネーターという役割〜
      伊藤 美沙子  東京都・まちのこども園 代々木公園 園長

【連載】
エッセイ プラネタリウムマジック〈永田美絵〉
のびのび、いきいき、私の園 保育現場に「格差」はあるのか?
 (1)地域格差だけが保育の質に影響を及ぼすのか?〈菊地加奈子〉
知っておきたい こどもと保護者のサポーター─|楼荵勸蕕道抉腟鯏聖業〈吉田幸恵〉
ひとつうえの保育をめざして─卆舒羮録痢
最新・子どもの「こころとからだ」を育む発達支援論粥,討鵑ん発作〈高橋寛〉
保育ジャーナル235 若手保育士や保育事業者等への巡回支援〈金森三枝〉
                                   他
価格 : 581 円(税込 639 円)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ