2024年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
2024年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
[LEFT_POLL]
 

トップ > 給食・食育 > 離乳食・幼児食 > 手づかみ離乳食 赤ちゃんが自分から食べる〈離乳法〉

手づかみ離乳食 赤ちゃんが自分から食べる〈離乳法〉

田角 勝(著/文)
(合同出版)
A5判/116ページ/2020.9発行

★中身は保育インスタグラムにて掲載中! 『トロル保育』で検索!@troll.hoiku https://www.instagram.com/troll.hoiku/
■内容■
離乳食用スプーンはいらない
初期・中期・後期といった区分は必要ない
食事の回数もタイミングも、赤ちゃんが決める
赤ちゃんの「自分で食べる」意欲、運動機能、感覚を育て、親をラクにする画期的な離乳食の方法を具体的に解説
これからの離乳食の新しいスタンダード
 
■目次■
第1章 赤ちゃん中心に考える離乳と離乳食
 ・離乳とは
 ・赤ちゃんはいつから自分で食べるか
 ・親が食べさせる離乳の支援の誤り
 ・「離乳食を空腹時にあげる」ことの誤り
 ・「離乳食はスプーンでピューレ状のものを一口から」の誤り
 ・赤ちゃんは手づかみで食べる   ……
                 
第2章 「食べさせる」ことが中心の離乳からの脱却
 ・赤ちゃん中心の離乳食の利点
 ・自分で食べることは自信につながる
 ・赤ちゃんの食べる機能の発達
 ・口は敏感なところです
 ・赤ちゃんの体重増加 ……
第3章 味覚と食行動の発達
 ・味覚の嫌悪学習
 ・腸は脳につながる(脳腸相関)
 ・繰り返す嘔吐は食べる意欲を失わせる
 ・早産や病気のある赤ちゃんの離乳
第4章 赤ちゃんが自分で食べる離乳の実際
 ・自分で食べるのは自然なこと
 ・自分で食べる離乳の開始時期
 ・初めて準備する食べ物の基本
 ・手づかみできる食べ物
 ・離乳食の時期
 ・食事の回数
 ・離乳食と食べる量と与える量
 ・安全の確保のために
 ・丸のみこみについて
 ・離乳食で避けるべき食べもの
 ・赤ちゃんが離乳食を食べようとしないとき
 ・赤ちゃんは自由に食べることを楽しむ
 ・コニュニケーションをとりながら食べる
 ・赤ちゃんは散らかす
 
第5章 離乳からの子育て
 ・食べむら
 ・偏食
 ・偏食にはどのように対応するか
 ・乳幼児期の経験はその後の食行動につながる
 
価格 : 1,600 円(税込 1,760 円)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ