ログイン 新規登録
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
     
日本保育協会 研修用  
スペース96共同企画  
新 保育所保育指針・教育要領  
全国保育士会・全国保育協議会 (書籍・DVD)  
園長・施設長  
保育士  
子育て支援  
書店入手不可の本  
子育て  
保健  
こころ・からだ  
給食・食育  
保育・制度について  
調べる  
絵本・児童書  
トロル出版部  
コミュニケーションツール  
DVD  
ゲーム・玩具  
教材  
パネルシアター  
楽器  
トロルのおじさんおすすめ  
SDGs  
 
 
     
      042-392-5304  
 
 
    メールはこちら
 
 
2023年 2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
2023年 3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
  • トップ
  • 保育士
  • 発達
  • 保育的発達論のはじまり 個人を尊重しつつ、「つながり」を育むいとなみへ

保育的発達論のはじまり 個人を尊重しつつ、「つながり」を育むいとなみへ

商品名 : 保育的発達論のはじまり 個人を尊重しつつ、「つながり」を育むいとなみへ

価格 : 2,000 円(税込 2,200 円)

数量 :


川田 学 著
(ひとなる書房)
A5判/248ページ/2019.8発行
■内容■
子どもの「主体性」とは何か。そして、それはどう育つのか。 「子ども観」「発達観」の変遷もたどりつつ、新たに「保育」と「発達」を結びなおす。 保育の未来をひらく新世代の発達論。

長い時代、「発達」は保育の目標だった。現代も、保育にとって「発達」は大切な視点だが、 「発達」を受けとめる社会のほうが、だいぶ変わってきた。「つながり」がほどけた孤立した子育ては、 いやおうなく発達を「うちの子」の能力に向かわせる。不透明感のある未来がちらつき、 保育も子ども個人を強くするしかないのかと、悩んでいるようにみえる。
 しかし、社会と子どもの間に立って、子どもの視点を代弁し、社会のあり方を問うてきたのが保育だ。 保育の可能性と魅力は、いつも新しい「つながり」をつくりだす実践にある。個人を尊重しつつ、 個人を超えるいとなみへ。保育がその真価を発揮するための、保育的発達論のはじまり──。
 
■目次■
序章 「個人」を尊重しつつ、「個人」をこえるいとなみへ
第1部 子どもの「主体性」とは何か
 1章 子どもはどう「自己決定」しているか
 2章 保育のなかでとらえる主体性
第2部 子どもの「主体性」はどう育つか
 3章 人間の赤ちゃんが猝そ廊瓩任△襪海箸琉嫐
 4章 してもらう、する、してあげる、させてあげる
第3部 「子ども観」「発達観」の変遷と私たち
 5章 子ども観をさかのぼる
 6章 「発達」と社会の歩み
 7章 「発達」と社会のいま
第4部 発達をみる目をひろげる──イヤイヤ期とブラブラ期
 8章 「年齢」と発達
 9章 「参加」の視点からみる発達観
 10章 つながりアウトカムとしての「ブラブラ」
第5部 「保育」と「発達」を結びなおす
 11章 つながりを育むいとなみ
 12章 保育の「あそび」とは何か
 13章 保育の公共性
 14章 「信頼」の中間共同体
あとがき
 

Copyright © troll-store All Rights Reserved.     042-392-5304
商号名 : トロル   代表 : 関本 練
個人情報保護ポリシー 特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 〒189-0022 東京都東村山市野口町1-11-4