ログイン 新規登録
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
     
新 保育所保育指針・教育要領  
全国保育士会 書籍・DVD  
施設長  
保育士  
子育て支援  
書店入手不可の本  
子育て  
保健  
こころ・からだ  
食育  
保育・制度について  
調べる  
保育園で人気の絵本  
トロル出版部  
コミュニケーションツール  
DVD  
ゲーム・雑貨  
教材  
パネルシアター  
 
 
     
      042-392-5304  
 
 
    メールはこちら
 
 
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
2019年 1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
 
 
 
   保育士 > 言葉かけ > 3000万語の格差-赤ちゃんの脳をつくる、親と保育者の話しかけ
 
 
 
前の商品 3000万語の格差-赤ちゃんの脳をつくる、親と保育者の話しかけ
 
 
3000万語の格差-赤ちゃんの脳をつくる、親と保育者の話しかけ

拡大 ( Size : 116 kb )
 
価格 : 1,800 円(税込 1,944 円)
数量
 
 
 
  ダナ・サスキンド 著
掛札 逸美 訳
高山 静子 解説

A5判/272ページ/2018.5.15発行
 
■内容■
算数や国語の学力、粘り強さ、自己制御力、思いやり……、生まれた瞬間から最初の数年間に、親や保育者が子どもとどれだけ「話したか」ですべてが決まる。日本の子育て、保育が抱える課題とその解決策を、科学的な裏づけと著者自身の具体的な実践から示した書。
 
■目次■
第1章 つながり:小児人工内耳外科医が社会科学者になったわけ

第2章 ハートとリズリー:保護者の話し言葉をめぐる先駆者

第3章 脳の可塑性:脳科学革命の波に乗る

第4章 保護者が話す言葉、そのパワー:言葉から始めて、人生全体の見通しへ

第5章 3つのT:脳が十分に発達するための基礎を用意する
 パート1:科学から実践へ
 パート2:「3つのT」の実際

第6章 社会に及ぼす影響:脳の可塑性の科学は私たちをどこへ導くのか

第7章 「3000万語」を伝え、広げていく:次のステップ

エピローグ 岸に立つ傍観者であることをやめる

 解説 子どもの言葉を育む環境づくり(高山静子)

 訳者あとがき(掛札逸美)
 

Copyright © troll-store All Rights Reserved.     042-392-5304
商号名 : トロル   代表 : 関本 練
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 〒189-0022 東京都東村山市野口町1-11-4